プラズマ洗浄装置の特徴

プラズマ洗浄装置を使えば、油膜や残油などをプラズマ処理することができます。

アルミをはじめ金属箔やフィルムの表面を改質することも可能です。金属箔は圧延工程を繰り返して箔状態にしたものなんですが、その表面には圧延油という残油膜が付いています。圧延油は塗り不良に繋がります。油膜を取り除くジェット噴射もしくは乾燥でも、残油膜を完全に取り除くことはできません。その問題を解消するものがプラズマ洗浄装置です。プラズマ洗浄装置であれば圧延油による塗り不良の問題は生じません。水洗いしたり乾燥したりしなくてもよく、プラズマユニットにパスすることによって残油膜を完全に除去することができます。

フィルムとプラズマ洗浄装置についてもお話ししましょう。フィルムは滑材また帯電防止材をはじめ色々な添加物から構成されているものです。滑材や帯電防止材などは時間が経つとブリードアウトします。染み出してきてしまうことをブリードアウトと言います。染み出たものは膜となるのですが、これは貼り合わせや塗工の邪魔です。膜を洗浄する方法にリキッドワイピングと呼ばれる工法などがあります。

リキッドワイピングにおいて、この装置を用いる事業所が増えています。プラズマ洗浄装置は空気中にただよっている埃や静電気などにも対応可能です。作業中、フィルムにくっついた埃や静電気なども洗浄できるということです。この洗浄をタッキングロールクリーニングと言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です