プラズマクリーナーとは

プラズマクリーナーは、産業分野で使用されている洗浄の方法です。

プラズマは気体よりも細かくなる部類で(例としては太陽や雷やネオンサインがこれにあたります)、分子レベルで混在している状態となります。洗浄を行うその仕組みは、プラズマが他の分子と容易に反応する性質になっていることを利用して金属やプラスチックと言ったものの有機汚染物質を洗浄を行います。

具体的なプラズマクリーナーの流れとしては、イオンと電子に分離させ空気中で放電する事によって、より高いエネルギー状態に移し(励起レイキ)プラズマを発生させ洗浄に繋げる事となります。この中には電子やイオンやラジカルが発生していて他の分子と容易に反応し易い性質になっているので、その性質を利用(新たな化学結合を起こして)して洗浄をしたい基材表面の分子と反応しクリーニングされる事となります。

プラズマクリーナーは分子レベルになるので、超微細なクリーニングを行うことが出来ます。よって不要な物質を完全に取り除く事が可能になっていて、他の洗浄方法よりもその後コーティングを行うのに最適な状態に出来ます。これによってナノテクノロジーレベルの問題に、非常に有効な方法となっています。高品質でクリーニングが出来る為高価な塗装面やコーティングに対して洗浄による不良率を下げる事が可能であるため、精密な設計を施した部品などを取り扱う自動車業界やモバイル通信業界では非常に有効な方法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です