プラズマクリーナーの魅力を知って効果的に利用しよう

プラズマクリーナーは空気中の様々なウィルスやほこりなどをプラズマの力で吸着し、その飛散を防ぐと言う効果を持っています。

そのため空気を浄化する効果を果たすことから、空気清浄機にも古くから用いられてきました。また近年では工場内の様々な不純物を取り除くためのクリーナーとしても用いられることが多くなっています。工場内では特に機械油が飛散していることが多く、これを吸い込むと健康面でも様々な問題を発生させることが少なくありません。油は一般的には空気より比重が重いため、床面に落ちると考えている人が多いのですが、工作機械などで高速で回転する軸などに付着している潤滑油などは、その回転により微粒子となり空気中に飛散することが多くなっています。

この微粒子の状態では非常に軽量となるため、空気中のほこりなどに付着し漂っていることも多いので注意が必要です。プラズマクリーナーはこの油の付着したほこりをプラズマの力で電気的に吸着させ吸い取る効果を持っています。そのため空気中を飛散するほこりや油などを取り除くことができ、清潔な状態に保つことができる効果があります。またプラズマクリーナーはプラズマの効果により空気中にマイナスイオンを発生させるため、静電気などを発生しにくくする効果もありほこり等が衣服などに付着する危険性も減らすことができることから、安全な作業をするためにも非常に効果を発揮します。その面では作業性と衛生面を両立させる効果があると考えられ、多くの作業現場で導入されているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です