プラズマクリーナーはどんな処理ができるものか

プラズマクリーナーは対象物質の表面をプラズマ処理するものです。

そのことによって洗浄することができます。金属や樹脂、光学材料に対して用いるものになります。イムノアッセイ材料やバイオマテリアルなどにも用いられるでしょう。PDMSやμTASに用いられることもあります。それぞれの有機物除去や疎水性処理、親水化処理が可能です。滅菌や細胞培養前処理も可能です。また接着性をアップすることができます。高密度なプラズマ処理をすることができるプラズマクリーナーもあります。短時間で効率的なプラズマ処理を実施できるものです。酸素ガスプラズマに対応しているものも人気です。非常に小さくコンパクトなものの需要も多いでしょう。

本体フットプリントが縦26センチ、横22センチと場所をとらないものも販売されています。プラズマ発生出力のを3段階に調整できるタイプを選ぶ人も多いです。試料表面に対するダメージを考慮できるゆえ選ばれています。本体の中が酸素ガスによる酸素プラズマに対応しているものや、プラズマ処理に用いるガスの流量とチャンバーの真空圧力を制御することができるプラズマフローと連結するものもあります。均一なプラズマ処理が可能なプラズマクリーナーも重宝するかもしれません。チャンバーの全域が均一な処理環境で、内壁処理にも対応しています。プラズマクリーナーの操作についてはとても簡単です。どんな人も操作することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です