プラズマ装置の原理は

プラズマ装置は対象物の内壁にプラズマを発生させ、金属から樹脂・ガラスなどの素材に関わらず材質の内壁表面を改質して、親水性・接着性・コーティング特性・印刷性を付与・向上させることが出来ます。

プラズマ装置の処置は高圧電源を用いて、電極と呼ばれるロッドから発生するプラズマビームで材料表面を叩きます。この叩くことで材質の表面に存在する異物油膜を最初に洗浄し、素材に生じたガスエネルギーを投入することで表面分子の結合を断ち切り、コート剤などを使うことなく素材自体が他の素材との密着性を向上を実現させるのです。この世にあるすべてのものが、原子と呼ばれるとても小さな粒の集まりから出来ています。

その原子は原子核とその周辺を回っている電子から成っていて、さらに原子核の構造はプラスの陽子と電荷を持たない中性子であり、これにエネルギーを供給し続けると気体の分子分離して原子になり、核の周辺を回っていた電子も離れプラスの電荷を持つイオンとマイナスの電荷を持つ電子になるのです。この物質を分離する、つまりイオンと電子に分離させることでプラズマを得ることが可能となり、それを行うのがプラズマ装置といえます。電離させるためのエネルギーの供給方式は3種類あり、放電・熱電離・光電離となっています。プラズマ中での物質は非常に活発でエネルギーが高く、他の分子と容易に反応する状態になり、この性質を活かして金属やプラスチック表面上の有機汚染物質の洗浄を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です