真空プラズマ装置なら均一処理

半導体や医療などの分野では、直接洗浄できないような素材もあります。だからと言って汚いままでは使うことができません。そこで必要なのが、表面改質という処理です。この処理に欠かせないのがプラズマ装置です。

プラズマとは気体にある分子と電子を分離することで発生する電離現象です。プラズマを効率よく発生させるためには真空のプラズマ装置が適切です。真空状態にある庫内にガスを発生させてそこに高エネルギーをかければ、均一に電離が発生してプラズマが出来上がります。空気などの余分な気体が存在しないので、均一に発生し、その中にある素材の表面を改質することができます。

改質とは表面に付着している有機物質を除去して、親水性を向上させることです。きれいになったあとで塗料などのコーティング剤の融着がしやすい表面にすることです。この処理をしておけば、その後に行われる塗料の塗布で不良が起きにくくなり、実際に使ったときの故障率を低くできます。真空プラズマ装置の問題としては、素材が入る大きさの庫内を用意しなければならないことと、その中を真空にするために時間がかかるということです。

それでも分離した汚れが表面に戻らないことなど真空ならではのメリットもあり、効率を考えるなら欠かせない装置と言えます。また工程中に作ることができないので、量産処理には向いていないこともデメリットの一つです。少量で精度や清潔度がもとめられるような時に使うと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です