プラズマ装置って何?

「プラズマ装置って何?」「聞いたことはあるけれど意味はよくわからない。」「まずプラズマもわからない。」という方が多いのではないでしょうか。水は熱すると水蒸気になり、冷やすと氷になります。

このような性質を状態変化といいます。学校の理科の授業で習った覚えがある方が多いのではないでしょうか。プラズマは固体・液体・気体に次ぐ四番目の状態で、気体がさらに状態変化するとプラズマになります。気体(一部を除く)と同じように見えないので実感が湧かない方が多いのではないのでしょうか。

「実際に何に利用されているの?」と思われる方が多いと思うので実際にプラズマが含まれているものを説明します。蛍光灯や自然界では雷やオーロラなどに含まれているので、思ったより身近にあるものにプラズマが利用されていることがわかると思います。プラズマ装置は通販サイトでは、安いものでは約40万円するのでかなり高額な商品です。「実際に何に使うの?」と思われる方が多いと思うので使用用途を紹介すると、有機膜の除去、界面活性、マイクロ研磨、あるいはカーボン被膜の除去など幅広い使い方ができるのがわかります。

見えない汚れをきれいにするものだと思っていただければ、わかりやすいと思います。プラズマ装置は見えない汚れを落とすときに使用します。なかなか、個人では買えないものですが会社などで見えない汚れを落としたいと考える方にはプラズマ装置を購入してみてはいかがでしょうか。プラズマ装置のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です