プラズマ装置の仕組みと原理

プラズマ装置の言葉の説明をしていきます。一般家庭や会社などでよく目にする人工のプラズマ装置は、照明器具にもなっていて照明器具は熱を発生させますので、着火器具でも使う事が可能なのです。この世にある全てのものは、原子と呼ばれる非常に小さい粒の集まりによってできていて、原子は原子核とその周りを回っている電子から成り立ちます。複雑な形にはなりますが、図で確認してみると簡単に覚えることが出来ます。

物質にエネルギーを与え続けると温度が上昇し固体から液体に変わり、エネルギーを与え続けると液体から気体になりますが、さらに供給し続けると気体の分子が離脱して原子になります。その原子は核の周りを回っていた電子が離れ、プラスの電荷を持つイオンとマイナスの電荷を持つ分子に分かれるのです。分子がイオンと電子に分かれる状態をプラズマといい、人間が住んでいるこの地球にもプラズマと呼ばれるものが存在します。それは寒いとこで見られるオーロラや、梅雨の時期では頻繁に見られる雷です。

いつも見ている太陽もプラズマの一種と言っても過言ではないのです。一般的にプラズマを起こすプラズマ装置はあまり言葉では聞いたことがないですが、毎日の生活に欠かせない装置の一つになっています。放電のエネルギーが放出された電子によって作り出す技術は、照明器具以外でも色々な形のプラズマ装置として使用されていますが他の例を挙げるとすれば、電子レンジも装置の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です