プラズマ洗浄装置が可能にする新しい生活様式

新しい生活様式という言葉を多くの方がご存知でしょう。2020年4月に内閣総理大臣ならびに、東京都知事が声高に叫ばれた言葉です。これは2月に中国・武漢で発生した新型コロナという未知のウイルスが世界各国で蔓延する事態に事を発しており、感染予防対策として今までの生活を改めるための新たな暮らしの制定というわけです。これによりバイキング料理の中止、会食・結婚式・葬儀といった冠婚葬祭のスタイルまでもが大きく変えられてしまいました。

今もなお明確な治療法が確立されていない状態であり、如何にして新型コロナウイルスから身を守るのかが我々人間が健康に過ごすためのカギとなっています。そのカギのひとつとして注目されているのが、プラズマ洗浄装置です。この装置は以前から医療機関で使用されていましたが、新型コロナウイルスを除菌できるという点で多くの施設に取り入れられるようになりました。プラズマ洗浄装置は陽電子を物体に照射することで、表面に付着しているウイルスを除菌することが可能です。

たとえば保育園であれば、園児の靴やコップ等の持ちモノをプラズマ洗浄装置の中に入れることで滅菌ができるというわけです。多くの家電メーカーで急ピッチにプラズマ洗浄装置を製造されていますが、新しい生活様式に組み込むことで家庭内・施設内のクラスター感染を防ぐことが可能といえるでしょう。これにより、以前のような朗らかな生活を取り戻せる可能性もまたあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です