プラズマ洗浄装置とは

プラズマ洗浄装置とは、対象物の表面にある汚れを綺麗に除去するクリーニング装置です。プラズマによって電離を起こすことにより、イオンを発生させて表面の汚れを非接触により除去します。おもに工場などで精密な工業用品などに使われることが多く、表面に薬剤や水分が残らないため、細かいバリや油分などによる汚れをとばすのにも適しています。また、接着や印刷などを行う前にプラズマ洗浄装置を使うことにより、その後の工程の密着性を高めることが出来ます。

プラズマ洗浄装置には用途に応じて様々な種類があります。卓上型、ハンディー型、ダイレクト型、チューブ内壁型、真空型、低温ペン型大気圧などです。そして私たちの暮らしに最も身近なプラズマ洗浄装置としてあげられるのが、プラズマ空気清浄機です。プラズマ空気清浄機とは、菌やウィルスの表面にある細胞膜のタンパク質を切断し、分解・除去を行うものです。

また、タバコや部屋干しなどによる嫌な臭い成分も分解・除去し、消臭作用もあります。そして、臭いがつきにくくなります。静電気を除去し、カーテンやソファーなどに花粉や汚染物質が付着するのを抑えてくれる作用もあります。近年のコロナ禍において、特にウィルスの除去という機能が注目されており、各家庭だけでなく病院や学校、公共施設などの至る所で目にする機会があります。

このように、私たちはとても身近に、あるいは知らないところでプラズマ洗浄装置による恩恵を大いに受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です