脱毛器にはどのような特徴があるか

subpage1

医療機関などで使用される業務用の脱毛器は光を使用して毛の再生を抑える原理になっています。


毛根にはメラニン色素が含まれているため、光が照射されると吸収されて熱を持ちます。

これによりダメージを受けて毛が再生しにくくなります。


皮膚にもメラニン色素は含まれていますが、皮膚の内部まで届く波長の光を使用するので表面では吸収されにくくなっています。


また、施術の際に皮膚を冷却するので熱によって火傷する危険性を抑えています。

この業務用の脱毛器は光を吸収させる必要があるので、生えていない毛に対しては効果がありません。
表面に見えている毛は全体の一部であるため、毛の入れ替わる周期に合わせて繰り返し施術を行うことで全ての毛に対して効果が出るようになります。

毛が生えている場合でもメラニン色素の少ない白い毛や細い毛に対しては効果が低くなります。
脱毛器で施術を受ける際の注意点として、冷却していても皮膚はダメージを受けるので、皮膚疾患や炎症などが起きていると悪化する危険性があるので利用できません。内服薬を使っている場合も副作用が出ることがあるので、事前に医師に施術を受けても問題がないのか相談しましょう。
脱毛器によって使用する光の波長が異なっているので、日焼けをしていても施術を受けられるものもありますが、基本的には皮膚のメラニン色素が多いと火傷する危険性が高くなるので注意しましょう。表面が黒くなくても皮膚の内部にメラニン色素が多くなっていることがあるので、紫外線は避けた方が良いです。